まめぱんだ

何でも美味しく頂きたい!!

ブルーピリオドに刺激され、もう一度絵を描こうと思いました!

1.美大を諦めた理由

高校生の時、最初は美大にいこうかなーと何となく考えていました。

 

しかし、三年生になり一般の大学に進学することを決意します。

色々な理由はありますが、理由は「絵が上手い友達と一緒の大学に行きたくなかったから」です。(今思うと大分ヘタレな理由ですね笑)

 

中学校から高校まで、同じ美術部だった友達がいました。

その子は自分の絵に自信をもち、何を書きたいかいつもハッキリと主張できる人でした。絵が出来る人から見たら、私たちの絵の実力の差なんて些細なものだと思うのですが、当時は比べてばっかりでした。

逆に私は、絵のコンクールなどテーマがあれば描けるものの、自分が描きたいものが特になく、絵柄もバラバラ…。友達に憧れを抱いていた反面、羨ましいと思っていました。

 

いざ受験シーズンとなった時、私が「行こうかなーへへへー」←と思っていた大学に実はその友達も志望していたことが判明。

「またこの子の才能と実力に勝手に悩み続けるのか・・・?」と思うと怖くなり、一度絵から距離を置くことにしました。

 

最後に絵を描いたのは、高校二年生の時の県の高校美術展のときです。

最後に描く絵は全力で描こうと思う一方で、もう絵から離れたいと泣きながら描いた絵が賞に選ばれた時は嬉しかったです。(推薦賞ですけどね←)

 

2.ブルーピリオドに影響されて

読んでいく中で、「自分が絵を描かなくなった理由がめっちゃ恥ずかしく・ショボいなぁ」と思うような、心に刺さるセリフばかりでした。

 

でも、「あの時逃げずに、もう一度頑張ろうと思えたら」とも思いましたが、新しい環境で視野が広くなり、自分にできることが絵だけではないと思えたのは自分にとって大きな収穫でした。

実際、大学には本当にいろんな人がいて沢山の生き方を学ぶことが出来たと思います。

 

これからもう一度絵を描いても多分楽しいことばかりではなく、また辞めたいと思うときが来ると思います。笑

でも、ブルーピリオドを読んだときの「また描きたい!」と思えたことを忘れず頑張っていきたいと思います!

 

ご閲覧ありがとうございました!!

早く10月のブルピのアニメが見たい~!