まめぱんだ

何でも美味しく頂きたい!!

大学が10月中旬までオンラインという悲しみ😢

今回初のALLオンライン授業なのですが、

まだ一日しか経ってないのに早々にくじけそうです!!笑

 

前期はまだ半分オンライン半分対面授業という感じでやっていた分、すべての授業が家で受けられるという微妙な感覚に慣れません

確かに、ずっと座って講師の話を聞くだけとかであればオンラインのほうが良いのですが、ディスカッションの場合は通信が悪くなると一気にモチベーション下がります😢

 

あとは、あれです。

夏休み期間、友達とも自由に会える機会が少なく、後期が始まったら皆がするであろうあの会話

「久しぶり~!夏休み何してた~?」

をめちゃくちゃ言ってみたかったです。(それだけかい)

あと、学食も図書館も使えないのは個人的に地味にきついです。

ただ雑談するだけの時間がこんなに大事なものだとは思わず、改めて何気ない会話の重要さを知りました。

 

 

受験当日で眠れなかったあの日を思い出します

今週のお題「眠れないときにすること」

 

それは、大学の推薦受験のことでした。

人生で初めての受験。

一般試験は正直志望校に届くような点数ではなかったため、ここで落とすわけにはいきませんでした。

 

さっと今までの復習をして、10時半に就寝。

しかし、事件は起こりました。

午前2時半頃に目が覚めてしまい、それ以降寝付けそうにないことが発覚!!(割と本当に焦りました)

でも、今からスマホをいじっても目が疲れて当日に響くかもしれないとひたっすらに目をつむってました。

 

いつの間にか眠っていて、起きた時には朝6時半だったのですが、多分2時間程度しか眠れていなかったと思います。💦

ふらふらな頭で挑みながら、結果はなんとか合格🎊

 

この経験をもとに、自分は緊張すると眠れないタイプだと分かったので、もう当日は寝れないもんだと割り切るようになりました。

早起きできればいいかなくらいの気持ちでかまえています笑

 

すき家のうな丼って美味しいのね

すき家のウナギはまともだよ!美味いよ!」

そんな友達の一言がきっかけでした。「まともだよ」の意味がよく分からず、興味をもって食べてみました。

 

つやつや~とテリがある一個のウナギ。(写真は無いですごめんなさい)

箸で割っただけでふっくらした厚みを感じます。

ご飯に染みたタレと絡み合って美味い!

友達よ、まともどころか普通に美味しいよ👍

 

しかも山椒付きなのが個人的にはありがたいです!自分でウナギを食べるために山椒を買うのは少しためらうので・・・。

あと、うな丼・海鮮丼・鳥そぼろ丼を食べる時の赤い器が牛丼よりも豪華に感じられて好きです笑

 

 

大学一年生でインターンを始めた理由

今月から海外のオンラインインターンに参加し、2週間が経過しました。

今回はインターンに参加した理由と感じたメリットデメリットをお話しします。

 

参加した理由

インターンの相談をしていた時に言われた言葉がきっかけでした。

「業種より、事業内容を考えた方がいいよ。例えば、マーケティング職に憧れて働いても『この事業内容興味無いんだよな・・』と思ったら続かないから。」

 

その時の私は、「インターン」という響きに憧れを持ち、「やりたいこと・達成したいこと」について何も考えていませんでした。

そこで、自分にとってのやりがいを感じるもの・働き方を明確にしたいと思い、インターンへの参加を決めました。

 

メリット

まだ参加して二週間ですが、いくつか挙げていこうと思います。

個人の感想の為、参考までにご閲覧下さい

 

・色んなタイプの生き方をした人に出会える

私が参加しているところは、大学生だけでなく社会人の方も参加していてすごく刺激になります!他大学の方と関係性を持つという機会も中々無いため、自分とは違う考え方が知れて、とても面白いです

 

・就活前に働く自分を想像できる

頭で想像するのと、実際にインターンを体験するのでは全く違いました!

「これについて考えている時が楽しい!」「この作業は面倒くさい」と何に対して感じるのかは、自己分析をする中で重要となっていくと思うので経験できてよかったと思います。

 

デメリット

 

・時間管理が大変

これは私が怠惰なのが主な原因だとは思いますが←

ミーティング以外は全員で集まるような時間の拘束をされない分、自己管理力が試されます。私は最初「頑張って毎日やるぞ!」とちびちびと毎日やり、何が優先順位の高いものかを分からず進めていたことにとても後悔しています💦

逆に言えば、タイムマネジメントの力を磨きたいという方には良い機会になると思います。

 

・振り返らなければ意味が無い

与えられた業務をこなすだけでは、ただタスクを増やして時間を無駄にしていることと変わらないことに最近気が付きました。

一週間振り返ってどうだったか、以前の自分よりも何か変化はあったかを常に考えることを大事にしたいです!

 

 

 

 

ブルーピリオドに刺激され、もう一度絵を描こうと思いました!

1.美大を諦めた理由

高校生の時、最初は美大にいこうかなーと何となく考えていました。

 

しかし、三年生になり一般の大学に進学することを決意します。

色々な理由はありますが、理由は「絵が上手い友達と一緒の大学に行きたくなかったから」です。(今思うと大分ヘタレな理由ですね笑)

 

中学校から高校まで、同じ美術部だった友達がいました。

その子は自分の絵に自信をもち、何を書きたいかいつもハッキリと主張できる人でした。絵が出来る人から見たら、私たちの絵の実力の差なんて些細なものだと思うのですが、当時は比べてばっかりでした。

逆に私は、絵のコンクールなどテーマがあれば描けるものの、自分が描きたいものが特になく、絵柄もバラバラ…。友達に憧れを抱いていた反面、羨ましいと思っていました。

 

いざ受験シーズンとなった時、私が「行こうかなーへへへー」←と思っていた大学に実はその友達も志望していたことが判明。

「またこの子の才能と実力に勝手に悩み続けるのか・・・?」と思うと怖くなり、一度絵から距離を置くことにしました。

 

最後に絵を描いたのは、高校二年生の時の県の高校美術展のときです。

最後に描く絵は全力で描こうと思う一方で、もう絵から離れたいと泣きながら描いた絵が賞に選ばれた時は嬉しかったです。(推薦賞ですけどね←)

 

2.ブルーピリオドに影響されて

読んでいく中で、「自分が絵を描かなくなった理由がめっちゃ恥ずかしく・ショボいなぁ」と思うような、心に刺さるセリフばかりでした。

 

でも、「あの時逃げずに、もう一度頑張ろうと思えたら」とも思いましたが、新しい環境で視野が広くなり、自分にできることが絵だけではないと思えたのは自分にとって大きな収穫でした。

実際、大学には本当にいろんな人がいて沢山の生き方を学ぶことが出来たと思います。

 

これからもう一度絵を描いても多分楽しいことばかりではなく、また辞めたいと思うときが来ると思います。笑

でも、ブルーピリオドを読んだときの「また描きたい!」と思えたことを忘れず頑張っていきたいと思います!

 

ご閲覧ありがとうございました!!

早く10月のブルピのアニメが見たい~!

 

 

 

趣味が無い私の対策法

夏休みが残り一週間となりました。

 

帰省は出来ませんでしたが、コロナのことを言い訳にしたくなくて、資格勉強なり、英会話なりオンライン交流会なり色々やってきたつもりでした。

 

後悔はしていない…のですが!

ちょっとだけ、やり残したことがあります。

それは、「自分の趣味をもつこと」です。

 

漫画やアニメは好きだけど、レビューや切り抜き動画を見れば満足する程度。

読書も好きですが、「こうゆうジャンルが好き!」というものが特になく。

未だに「趣味は何?」という質問には「聞くな~!何も聞くな~!(泣)」と思いながら話を逸らしてしまいます。

 

というわけで、いつまでもこうはしていられないため何か対策を取ろうと思います

・受動的でなく能動的な趣味をみつける

 (将来に繋がらないことに時間を当てるのに抵抗があるなら、プログラミングとかヨ    ガとか)

・周りと共有する努力をする

 (友達でもSNSでもオンラインでもいいので、つながりを持つこと)

お金がかからないもの

 (何気に大事!安く楽しめるのが一番!)

 

とりあえず、できることから始めます!